2017年10月29日

腸活と冷えとり

こんばんわ(笑顔)

DSC_0299 (520x346).jpg
神田明神 三宿・金刀比羅神社

今年は、腸を活性化することを意図していることで、7月に粉ミルク健康法という情報に出会い、腸のエネルギーが変化しました。

そして、腸に関する本を20冊以上読み、腸について理解を深めました。

その流れなのか、8月に入ると、麻の布のエネルギーがすごく氣になるようになり、枕カーバー、シーツ、麻のシャツを購入し、さらに麻の実まで購入し、麻の浄化力にはまりました。

そして、9月になると、繊維の王様 ウール の暖かさにはじめて氣づき、更に、繊維の女王 シルク の浄化力と、潜在的な冷えを表に出すエネルギーに氣づき、その流れで、冷えとり健康法をはじめました。

冷えとり健康法を始めてから、潜在下にあった、内臓の冷えが表に出はじめ、9月なのに、冬のような強い寒さを感じました。

このままでは、寒くて耐えられないので、防寒対策の情報をネットで毎日調べ、ウール毛布、シルク毛布、陶器の湯たんぽなどを購入し、今月はストーブも出しました。

冷えとり健康法といえば、5本指靴下の重ね履きのイメージがありますが、個人的にまず食生活、そして肌に身につけるものだと感じてます。

腸活と冷えとり健康法は、根の部分は、同じなんだと感じました。

腸を活性化するのに、一番大切なことは、腸を冷やさないことです。

腸を冷やさないために、腸の声を聴き、腸が求める食べ物(身体を温める食べ物)を適量食べ、身体が欲しない時は、何も食べないようにすることだと氣づきました。

10月に入ると、腸活と冷えとりの好転反応なのか、はたまた2018年のエネルギーに慣れるためなのか、まるまる一ヶ月、体調が不安定になり、自動的にあまり食べられなくなったり、日記を休んで、ネット情報断ちしたりすることで、大きくリセットできたかなと感じてます。

腸活は、結局のところ、胃腸の声を聴いて、胃腸がNGを出したものは、できるだけ食べないこと、ストレスをためないこと、(自分に合わないものはやめること)なんだなあと感じてます。

そして、冷えとりも、身体全体の声を聴き、エネルギー体の声を聴きながら、自分にとって、一番よいやり方を、自分自身で見いだすものなんですね。。

いつもありがとう☆

今日のキーワード
冷えとりは、ベテランになるほど、靴下の枚数が増えることが多いようですが、私の目標は、靴下を重ねなくても、自分自身の意識を高めることで、冷えを身体から出していこうと意図してます。

太陽 さそり座 7 深海潜水夫 (Deep-sea divers.)
潜在意識 超意識 探求 未知
posted by 0∞ 響 ミナ ∞0 at 21:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。