2017年02月08日

外側からの影響

こんばんわ(笑顔)

DSC_0260 (520x346).jpg
身代り弁天社 御祭神 厳島媛命さま(ここはエネルギーが強いです)

立春から、ポジティブとネガティブの統合を意識しながら過ごしてます。

今日も人間関係で、自分が予想した受け答えの態度と真逆な態度をとられたときに、どうしても憤りを感じてしまう自分に氣づきました。

この場合の、ポジティブとネガティブの統合は、まず、自分の憤りを見つめます。

なぜ憤ったかといえば、相手が感じ悪かったことに、傷ついたからでした。

もちろん、相手がそのような態度をとることもある程度予測はしてましたが、たったこれだけのことも譲歩できないのかということに心からがっかりしました。

なんで、こんなにどうでもいいことで、相手にも負担のないことなのに、譲歩してくれない人に、心を痛めるのかを自分自身に質問したところ、過去に、どうでもいいことで譲歩してくれないたくさんの経験をまだ癒しきれていないことが原因だということでした。

挨拶しただけなのに、感じ悪く無視された思い出や、仕事のやり方を聞いた時に、とても感じ悪く対応されたこと、とにかく、こんなどうでもいいことで、これほど感じ悪くする必要はないのではと思われることをたくさん受けてきました。

だからこそ、今日は、過去の痛みを、感じ悪い態度を受けたことがきっかけで、引き出してしまったことで生じる憤りだということに氣づきました。

これを、この機会に浄化し癒そうよという潜在意識からサインですね。

そして、この経験からのボジティブな意味は、またどうでもいいことで、譲歩できない人と接しても、今日よりは、冷静に受け止められるようになること。

そして、自分が心を痛めるということを発見することで、普段自分では氣づきづらい潜在意識に沈んでいる不必要なエネルギーを浄化できる感覚に気づけたことが、ボジティブなことでした。

そして、今日感じ悪く接してくれた人に対しても、今日は、私が心を痛めることで、自分のパワーを受け渡してしまいましたが、今後は、その人にパワーを受け渡してはならないということに氣づけました。

対人関係において、凹んだり、心を痛めたりするということを、相手に、自分の生命パワーを委ねている状態です。

私は、これからの人間関係は、3次元的なコントロールゲームでななく、フェアーな人間関係のみ選ぶということを今日の経験で強く意識することができました。

いつもありがとう☆

今日のキーワード
外部からの影響で、自分が少しでも、心を痛めたら、必ず自分自身に質問し、どうして心を痛めたのが氣づき、その都度まめに浄化していこうと思います。
ネガティブな経験があるときも同時にボジティブな経験もあり、どちらも、アリアリと感じ、統合していこうと思います。

太陽 みずがめ座 20 大きな白いハト、メッセージの担い手
(A large white dove, a message bearer.)
才能の開花 成功 人気 
posted by 響 ミナ at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。