2015年03月16日

渦の気功法

こんばんわ(笑顔)

DSC_0219 (520x346).jpg
児玉神社  ご祭神 児玉源太郎さま

昨日日記に書いた、目に効果的な気功をしながらも、この気功って何かに似ているなあと感じました。

思い出したのは、神代文字言霊治癒のしくみという本に書いてある、カムロギ、カムロミの渦の気功法でした。

本に、渦の気功法の図が載っているのですが、正直今まで、読んでもやり方がよくわからなかったので、なんとなく渦の気功法はスルーしてました。

昨日は目の気功をしてみて、めちゃくちゃ効いたので、この図を参考にして、渦の気功法をやり、これを習慣にしたいなと感じました。

労宮からのエネルギーですが、意識すれば、するほど、どんどんエネルギーがでるようになります。

たったの一日で、10倍以上エネルギーの放出が強くなった感じがしてます。

そして、昨日の夜は、寝るときに、労宮のツボに左手は、時計回りの渦巻きを、右手には、半時計回りの渦巻きをマジックで書いて、眠りについたところ、あまりのエネルギーの強さに、昨日は殆ど眠れませんでした。

さすがに、かめはめ波がでるというツボだけあって、パワーがでます。

渦の気功法は、直接指でなぞるようですが、労宮のツボから渦巻きのエネルギーをイメージできれば、手をかざすだけでできそうな感じ。。(手をかざさなくても、イメージだけでできそうかな。。)

いつもありがとう☆

今日のキーワード

江ノ島にある児玉神社は、個人的に氣になってます。
いつも、お参りに行くと、よく来たねの合図を感じてます。
一度は、風もないのに、木の葉がいきなりたくさん降ってきたこともあります。。
(2回も。)
ご祭神の児玉源太郎さまの写真のエネルギーを感じてみると、果てしなくパワーが強い感じがしてます。
特に、アジナ、松果体の部分が強い感じ。。
神社での合図は、眷属さんのものなのかなとも感じてます。。

太陽 うお座 26 影響を分割する新月 (A new moon that divides its influence.)
運命の転換 価値観の変化 壁を越える

月の星座 みずがめ座 体の部分 血液 リンパ腺 足のくるぶし 膝から下

なむ だいし へんじょう こんごう(空海さんの御宝号 ご真言です)
第27番 神峯寺(こうのみねじ)十一面観世音菩薩さま
おん まか きゃろにきゃ そわか
posted by 0∞ 響 ミナ ∞0 at 20:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。