2014年06月23日

春分から夏至

こんばんわ(笑顔)

DSC_0285 (520x346).jpg
釜社

春分は種まきで、夏至は春分で蒔いた種が成長する時期と言われてます。

個人的に、春分の時に蒔いた種は、神代文字のエネルギーを感じること、レイラインのエネルギーを感じること、中脈を透すことなどを意図したように思います。

神代文字に少しずつ馴染むことで、言霊のエネルギーを以前の10倍くらい強く感じるようになりました。そして、エネルギーの感じ方も劇的に進化したように思います。

そして、レイラインの終点の出雲大社にお参りすることもできました。出雲大社のことはまた書きますね。

そして、夏至を迎えて、確かに春分のときに意図したことで、エネルギー的に大きく変化したように思います。

一番の変化は、中脈の透す感覚が少しわかりかけて、3次元的なエネルギーに対して強くなれたことかな。。(相当まだまだだけど。。)

そして、大いなる自然、神、宇宙に対して、委ねはじめたことです。

内なる声や、自然からのサイン、天使のサイン、神様のサインに対して、非常に注意深くなってきた感じ。。

夏至から、秋分までは、とにかく、天からのサイン、ガイアからのサイン、天使からサイン、神様からのサインに耳を澄ましていこうと強く意図してます。

いつもありがとう☆
今日のキーワード
夏至からやっぱりエネルギーが切り替わった感じがしてます。潜在的なものが現れやすい感じがしてます。

太陽 かに座 3 毛深いシカを先導する毛皮に包まれた男
(A man bundled up in fur leading a shaggy deer.)
逆境 孤独 再生 生命力 精神力を高める
posted by 0∞ 響 ミナ ∞0 at 20:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。