2014年02月09日

立春に関して

こんばんわ(笑顔)

DSC_0238 (520x346).jpg

今日は、立春のエネルギーに関して感じたことを書いてみます。

立春
太陽 みずがめ座 15 フェンスの上に留まっている2羽のラブバード
太陽 みずがめ座 16 机に座っている偉大なビジネスマン
立夏
太陽 おうし座 15 マフラーと粋なシルクハットを身に着けた男
太陽 おうし座 16 秘密を暴露するために空しい努力をする年取った男
立秋
太陽 しし座 15 山車
太陽 しし座 16 嵐の後の陽光
立冬
太陽 さそり座 15 五つの砂山の周りで遊ぶ子供達
太陽 さそり座 16 いきなり笑い出す少女の顔

(ディクリー占星術より引用)

今回感じたことは、立春に限らず、立夏、立秋、立冬は、14、15、16の数霊の流れのエネルギー変化なのかもしれないということです。

感覚的に14は、天啓、インスピレーションを3次元に落とし込み、15では、限界までいくことによって、境界の扉をたたく、そして16では、境界の扉が開き、今までの価値観が大きく変わる感じ

先日の立春から、大きくエネルギーが変わってしまった感じです。まあ、冬から春になれば、エネルギーが変化するのは当たり前ですが、なんか雰囲気が全く変わってしまったような、エネルギーレベルで大きく変容してしまったのかもしれません。。

まあ先日の立春だけでなく、最近は、日々の変化が大きく、毎日この14、15、16の流れを感じながら過ごしているように感じてます。

いつもありがとう☆
今日のキーワード
じっくり、感じながら生きる

太陽 みずがめ座 21 絶望し幻滅した女 (A woman disappointed and disillusioned.)
終わり始まり 破壊 新しい創造 変容 
posted by 0∞ 響 ミナ ∞0 at 17:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。