2013年12月29日

元旦の新月 2

こんばんわ(笑顔)

DSC_0122 (520x346).jpg

今日も引き続きエネルギーが、拮抗してます。

冬至から年末にかけて、どんどんエネルギーが強くなっています。

昨日も書きましたが、今の時期は、太陽が冥王星に近づいています。太陽と冥王星が近づくということは、境界の扉が全開に開くということだと感じてます。

さらに、元旦は新月ということで、太陽だけではなく月まで、冥王星とほぼ重なってしまいます。

ということは、人の外側と内側の境界の扉がエネルギー的に全開になるということです。

クリスマスイブから年末にかけて、エネルギー的には、どんどん強くなってきているのもうなずける感じです。

元旦の新月のサビアンは、下記になります。

太陽 月 やぎ座 11 キジの大きな群れ(A large group of pheasants.)
(私有地にいる、高麗キジの大群)
イメージは、アセンション 上昇意欲 飛躍 

冥王星 やぎ座 12 講義をする自然の学徒(A student of nature lecturing.)
(自然科学についての図解された講義が、ほとんど知られていない生命の側面を明らかにする)
イメージは、研究 智慧 知識 探求 掘り下げる

水星 やぎ座 13 火の崇拝者(A fire worshiper.)
(火の崇拝者が、存在の究極のリアリティを瞑想する)
イメージは、究極 極限的 カルマの浄化 死と再生 

金星 やぎ座 27 山の巡礼(A mountain pilgrimage)
(山の聖堂へとつらなる急な階段を上る巡礼者)
イメージ 精神的探求 魂の上昇 カルマの清算 (ディグリー占星術より引用)  

この上記の太陽、月 冥王星 水星 金星が、新月時に、創造、冒険、楽しみ、遊び、子供、芸術、恋愛、クリエイティブなどを表す5ハウスにおり、上記のイメージのエネルギーが外側に表現されていきます。

特に冥王星があるということで、極限までエネルギーが、表現されていきそうな感じです。。

サビアンシンボルもなんか、意味深な感じだし。。今年のお正月はエネルギー的にすごい感じ。。

そして、アセンダント(しし座)の太陽と、MC(おうし座)の金星が5ハウスにいることから、5ハウスの意味がさらに強まり、創造のエネルギーが爆発的になるということです。。

さらに、伝統的占星術では、5ハウスに金星があると、金星が喜ぶ(金星が5ハウスでJOY)と言われてます。
恋愛や趣味、遊び、創作など5ハウスの意味合いが吉ということです。。(実は、金星は、殆ど6ハウスに近いところにいますが、それでも5ハウスということで。。)

ということで、元旦の新月は、エネルギー的には、想像もできないほど、すごい感じだけれど、星の配置では、創造することを楽しむといいよ!!と暗示しているように感じてます。

いつもありがとう☆

今日のキーワード
改めて、元旦の新月のホロスコープをエネルギー的に感じてみると。。なんか 未知?な感じ。。正直まったくわからない。。(笑顔)

太陽 やぎ座 8 幸せそうに歌う家の中の鳥 (Bird in the house singing happily.)
(ディグリー占星術より引用)
イメージは、満足 安定 順応 守護
posted by 0∞ 響 ミナ ∞0 at 19:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。