2013年11月29日

ノック(knock)

こんばんわ(笑顔)

DSC_0004 (520x346).jpg
筑波山(女体山)筑波女大神 伊弉冊尊さま

昨日のサビアンシンボルは、いて座 7 ドアをノックするキューピット(Cupid knocking at the door.)でしたが、今日はその中のノックするというキーワードがすごく氣になってました。

今日のam4時ごろにアイソン彗星が太陽に最接近ということで、今日は4時半くらいに目が覚めてしまいました。(実は、そのまま布団の中で6時過ぎまで過ごしましたが。。)

目が覚めたときに、なんとなくクラウンチャクラの上の部分が真空というか、透明というか、クリアーな感じがしました。

正直、今まではハレー彗星にさえ、ほとんど興味が湧かないほど彗星に関しては、興味がなかったのですが、アイソン彗星に関しては、日記に書くほど氣になりました。(笑顔)

氣になるということは、イメージしたり、フォーカスすることであり、アイソン彗星にノック(knock)したということになると思います。

だからこそ、今日の4時半に、起こされたのかな。。(ノック(knock)された?)と感じました。

最近よく書いていることは、水の三角形(グランドトライン)とか火の三角形(グラントトライン)ですが、
このトライン(120度)は、あんまり努力しなくても訪れるタナボタ的幸運と言われてます。

そして、セクステル(60度)は、努力しだいで幸運になれ、その半分のセミセクステル(30度)は、ノックしてくれない好機で、自分自身で直感を働かし、掴み取る感じです。(西洋占星術は、人によって解釈が違うので参考程度に。。)

アイソン彗星のエネルギー変化は、なんとなく感覚的に、セミセクステル(30度)のノックしてくれない好機なのかな?と感じました。

自分から、アイソン彗星にノック(knock)しまくって、やっと、かすかなノックを感じのかな?

いつもありがとう☆

今日のキーワード
アイソン彗星に関しては、また書きます。。やっぱり、写真でエネルギーを感じると太陽神経そうにズシンときます。

太陽 8 いて座 岩やその内部で形成されているもの(Rock and things forming therein)
(ディグリー占星術より引用)
このサビアンシンボルもアイソン彗星に強くリンクしているように感じてます。
イメージは、時間感覚 ガイアの意思 根本的 奥底 深い変容 境界線 新境地 
posted by 0∞ 響 ミナ ∞0 at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。