2013年11月20日

さそり座からいて座へ

こんばんわ(笑顔)

DSC_0077 (520x346).jpg
仁王門

あと2日で、さそり座からいて座に変わります。

さそり座は、水の星座で支配星は、死と再生の冥王星です。

そして、いて座は、火の星座で、支配星は、拡大発展の木星になります。

個人的に冥王星は、大好きな星で、常に意識してます。。

冥王星は太陽系の中で太陽から一番遠い星となり、境界の神のような星だと感じてます。

さそり座のエネルギーを約一ヶ月間、じっくり感じましたが、死と再生、徹底的、底が知れない感じのエネルギーを感じました。

さそり座の時期は、やっぱり薬草の効き目も強いように感じてます。それはやっぱり、境界性のエネルギーが強く働くからなのかもしれません。。

境界性のエネルギーが強く働くということは、反転するエネルギーも強いということです。
(細胞の再生と消去 深い部分の新陳代謝)

2013年になってからは、変化変容の日々ですが、さそり座の時期は、根本からひっくりかえるような変化変容を感じてます。(特に潜在意識的に。。)

そして、次のいて座では、さそり座の変化を更に拡大発展化し、外側に押し出していくようになるのかな。。

いつもありがとう☆

今日のキーワード
思いがけないことがあるかも?

さそり座 29 酋長に自分の子供達の命乞いをするインディアン(ディグリー占星術より引用)
イメージは、愛 覚醒 インスピレーション 反転 
この29のシンボルは、スピリチュアルディクリーです。さそり座といて座の境界のシンボルでもあります。

月の星座 かに座 体の部分 胸 胃 子宮 肝臓 肺
この時期は呼吸法が効果的です。
そして、冥王星と180度ということで、エネルギーが強い時期でもあります。
posted by 0∞ 響 ミナ ∞0 at 20:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。