2013年06月27日

小食について思うこと

こんばんわ(笑顔)

DSC_0064 (520x346).jpg

今日は昨日よりもエネルギーに落ち着いたように感じました。個人的には、先週からのエネルギー変化の影響なのか、なんとなく体も心も、ふわふわして、変な感じです。。

今日は、小食に関して、感じていることなどを書いてみたいと思います。

小食に関しては、以前のブログの日記に結構書いてますが、今日は新たに、最近感じていることを書いてみます。

私が一日2食の小食に移行したのが、5年前になります。

私は子供のころから、食べることに執着していて(笑顔)美味しいものを食べることが大好きで、食べ歩きを趣味としてました。。

食べることがだけが生きがい系?(笑顔)だったので、小食だけは、私の場合は無理だろうと思い込んでました。。

その私が、小食に移行せざるえなかったのか、やっぱり、エネルギー的に限界を超えていて、もう小食しか道がないところまで、追い詰められたからでした。。(笑顔)(少し大げさですが。。)

小食になれば、エネルギー的に自由になれると思い、最初はきつかったけれど、なんとか、一日2食プラスおやつの小食に移行できました。。

エネルギー的に自由になったかと言えば、全然自由になってませんが、少なくても、サイキックアッタクの影響から楽になり、サプリを飲まなくても、健康診断の数値は正常値を維持できるようになりました。

微食や不食の人の書いた本を読むと、かなり劇的に健康になり、睡眠時間が大幅に減ったみたいなことが書いてありますが、私の場合は、睡眠時間は、全然減りません。。(今も思いっきり寝てます。。)

それでも、小食に移行できて、心から良かったと感じてます。

小食に移行してから、5年ですが、毎年ほんの少しずつ、自然に食事の量が減ってます。。

断食博士の甲田先生の本には、一日2食の食事から、一日1食の仙人食に移行するまで20年かかったみたいなことが書いてあり、甲田先生でも20年かかったならば、私も20年かけてもいいかなと思いあえて、意図的に、食事量は減らさず、おやつも食べ、夜は食べたいだけ食べてます。。

小食に移行したことで、氣づいたことは、いろいろありますが、人は食べるものからエネルギーを得ているとは限らないということです。

かえって、食べることで、エネルギーを消耗していることが多い感じです。。

私の場合は、エネルギーに敏感なので、自分が口に入れるものが、自分のエネルギーになっているのかわかります。。正直、殆どの食べものが自分のエネルギーにプラスに働いてません。。(笑顔)(腹は膨れるけれど、自分自分のエネルギーになってない感じ)

それでも、長年食べることで、生きているので、エネルギーにプラスに働いていなくても、美味しく頂きますが(笑顔)

いつもありがとう☆

今日のキーワード
食べ物のエネルギー

小食に関しては、これからちょこちょこ書いてきますね。。
posted by 0∞ 響 ミナ ∞0 at 20:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。