2013年04月28日

こんばんわ(笑顔)

DSC_06290104 (520x346).jpg
(藤 2010年撮影)

昨日の新聞のあしかがフラワーパークの大藤が載っていてその写真から、強いエネルギーを感じ、藤の花が氣になりだしました。

だからといって、このGWにあしかがまで行くことはすぐに断念し、東京の亀戸天神にいくことも、同時に断念しました。。(笑顔)(多分尋常じゃないほど、混んでると思われるから。。)

藤の名所と言われている場所では、藤を大切に大切に育てているので、そこらへんに咲いている藤と比べると、全然エネルギーが強く美しいです。

今年は、藤の名所での鑑賞をあきらめて(明らめて)今年は家の近くの山に咲いている山藤を愛でることにしました。

人が育てているのは、藤(野田藤 のだふじ)で つるが右巻き、野山で咲いているのは、山藤(やまふじ)でつるが左向きです。

因みに、タロットでは、カードを右回り(時計回り)に回します。それは、時計回りは、未来を表すからです。藤が時計回り、山藤が、反時計回りというのは、すごく興味深いものがありますね。

藤は、昔から、自然暦として、農作業、漁期の目安とされ、古く勧農鳥とされたホトトギスがきて鳴く木(勧農鳥の止まる木)されたそうです。

自然暦
太陽や月の運行、1年を通しての動植物の移り変わりなどを目安としてつくる一種の暦。「カッコウが鳴くから豆をまけ」の類。
大辞泉より引用


今日は、山藤をじっくり鑑賞しました。色が薄紫ということで、クラウンチャクラに響くように感じてました。
今年は、藤の花のエネルギーの強さを、如実に感じてしまったようです。。

今月の満月から、自然の周波数を強くキャッチしやすくなったように感じてます。

いつもありがとう☆

今日のキーワード
自然回帰 自然の周波数 (鳥の声、川の流れ、風の音)太陽と月の周波数
posted by 0∞ 響 ミナ ∞0 at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。