2013年01月17日

ビワの葉酒

こんばんわ(笑顔)
DSC_0139 (520x346).jpg
風日祈宮(かざひのみのみや) ご祭神 級長津彦命(しなつひこのみこと) 級長戸辺命(しなとべのみこと)
昨日の写真と同じお宮です。。

今日から、冬の土用時期に入りました。毎年冬の土用の時期は、ニセ空き(お腹が空いていないのに、空腹感を感じる)が強く、体調も、イマイチな感じでしたが、土用の日の初日の今日は、とりあえず、ニセ空きもほぼなく、結構元氣で過ごすことができました。。

この時期に、ある程度、元氣でいられるのは、はじめてかもしれません(笑顔)これも、やっぱりエネルギーが高まったことと、小周天の実践の効果だと感じてます。

2012年の4月から10月くらいまでは、ほぼ毎日書いていた、日記が書けなくなるほど、精神的にも、体力的にも、日常生活をこなすだけで、精一杯になってしまいました。

その時に、ビワの葉茶やどくだみ茶などの薬草茶、アロエをジュースに混ぜもの、養命酒など飲み始めました。

そのお陰もあって、なんとか三次元的には、普通に仕事や日常生活をこなしながら、2012年を過ごしました。

正直、エネルギー的には、昨年は、限界まできていました。。(笑顔)まあそれでも、11月頃から、エネルギーが高まってくれたおかげて、復活し、ヤル氣も戻ってきました。

12月からは、夏に漬けた、びわの葉酒を毎日20mlを飲んでいるお陰で、風邪はおろか、のどさえいつも快調です。ビワの葉酒は、すごくお勧めです。

ただし、ビワの葉酒は、薬効がすごく強いので、一日、杯 一杯か、二杯まです。ビワの葉酒は、毒をもって毒を制す効きかたをするからです。。詳しく知りたい人は、調べてくださいね。。

作り方は、ビワの葉酒で検索すると、いろいろでてきます。自分に合ったものを探してみてくださいね。

因みに、私の作り方ですが、梅酒を漬けるビンなどを用意して、その中に、市販のビワの葉茶を120gを20度の焼酎4Lにつけて、3ヶ月たったら出来上がりです。。3分でできます。。(笑顔)

まあ、家にビワの木がある人は、生の葉でつけることで、水分がでるので、もっと度数の高い焼酎に漬けたほうがいいです。私の場合は、市販のびわの葉茶(乾燥)なので、20度で大丈夫です。

ビワの葉酒をつけるには、冬の時期がいいと言われてます。まあこれは、ビワの生葉でということです。
今からビワの葉酒をつけても、風邪予防に間に合わないと思っている人には、とりあえず、この冬は、市販の養命酒がお勧めです。

因みに、私はアロエも焼酎につけてます。アロエは水分が多いので、35度のホワイトリカーにつけてます。飲んでよし、化粧水にも超お勧めです。。(笑顔)

いつもありがとう☆

まだ私も、薬草茶や薬草酒をはじめてから、日が浅いので、もっと続けてみて、具体的な効果が実感できたら、また書きますね。。

今日のキーワード
早起き 勉強 記憶 イメージ 変性意識

応援クリック感謝します!うれしいです∞☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

私の内なる神さま!!

知らずに犯した過ち、隠れた罪から
どうかわたしを清めてください。

詩編 19−13


Day by day, in every way, I'm getting better and better. (Emile coue quotes)
posted by 0∞ 響 ミナ ∞0 at 20:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。