2012年01月29日

直感は

こんばんわ(笑顔)


DSC_0108 (520x346).jpg
津東西社 ご祭神 高龗神 闇龗神

子供の頃から、感覚的に自分は直感力が強いと思い込んでいました。

いわゆる、根拠のない思い込みです。(笑顔)

直感力があると強く思い込んでいたので、何度も直感を外しても(笑顔)、それでもめげずに、私は直観力が強いと感じてました。。

それでも、好きだと思い込んでいた人を、後々になって、すごく嫌いだったことに氣づいたときは、私ってもしかしたら、直感力がないのでは?とはじめて自分の直感力に疑いをもちました。

その当時は、嫌いな人もいっぱいいて、許せないと軽く思う人も結構いました。

常に、不安感があって、嫌いな人を、好きと思い込めるほど、感性が鈍っていました。

あんまり例えになっていないけれど、タバコをやめられない人も、タバコは自分の体によろしくないを知っているけれど、それでもタバコは好きでやめられないという感じに似てます。

体によくないものはタバコでも、ジャンクフードでも、なにかハッとするような、強い刺激があります。

この刺激を感じることによって、好きかもしれない?と勘違いするのかもしれません。

私は人のエネルギーを感じ始めてから、7年くらい経ちますが最初の2,3年は、ネガティブなエネルギーの人をいい人だと思ったり、ネガティブとボジティブな境がかなりあいまいでした。

あんまり、人のことを悪くいいたくないという氣持ちもあってか、ネガティブぽいエネルギーを感じても、私の氣のせい?氣のせい?と思い、できるだけ良い人と思い込もうとしてました。

それでも、今になって思えば、やっぱり、ネガティブな人は、最初に会ったときに、確実に大きく違和感を感じてました。

それでも、この3,4年くらいは、普通とボジティブとネガティブのエネルギーの境がはっきりして、以前のように、嫌いな人を、好きだと勘違いすることはなくなりました。

2012年は、嫌いという観念がほぼなくなり、ただ単に、こんな感じのエネルギーを発している人だとたんたんと受け止められるようになりました。

好きなエネルギーはますます、好きになるけれど、ネガティブなエネルギーに関しては、受け流せるようになったのかもしれません。

そして、子供の頃から、根拠なく、私は直感力が強いという思い込みを、肯定できるようになりました。

直感は、多分そうだとか、なんとなくそうかもしれないというものでなくて、実は、100%絶対そうだと言い切れるものなんだと確信しました。

なんなくそう思うとか、ふと感じるというのは、直感でなく、予感です(笑顔)

私が今まで、外してきたことは、直感ではなく、予感モドキでした。100%そうだと思ったことは、やっぱり外してないと思います。

そして、予感が外れるときは、100%そうだと言い切れるものが非常に少ない時期でもあります。

直感は、最初から、瞬間的に100%です。

直感と予感の違いを感じながらも、どちらもうまく使っていこうと思ってます。

2012年は、予感を直感レベルまで高めたいな。。

いつもありがとう☆

応援クリック感謝します!うれしいです☆
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

私の内なる神さま!!

知らずに犯した過ち、隠れた罪から
どうかわたしを清めてください。

詩編 19−13


Day by day, in every way, I'm getting better and better. (Emile coue quotes)
posted by 0∞ 響 ミナ ∞0 at 18:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。